住民基本台帳カード

住民基本台帳カード?
交付申請などの手続
発行していない市区町村

基本台帳の説明

住民基本台帳カードとは?
 現在、運転免許証やパスポートなどをお持ちではない方は、身分証明書を求められて困ることがあると思います。
住民基本台帳カードは、氏名のみが印字されたAバージョンと写真と氏名・生年月日・性別・住所を印字したBバージョンがあり、希望のカードを選択することができます。
写真付きの住民基本台帳カード(Bバージョン)は、市町村長が交付する公的な身分証明書として、パスポートの交付申請の際の本人確認などに使うことができます。

交付申請などの手続
・申請手続
 住民基本台帳カードは、ご希望の方に対して、お住まいの市区町村から交付されます。
お住まいの市区町村の窓口に申請ください。その日に交付できる市区町村と後日交付する市区町村があります。
氏名が記載されたタイプ(様式第1)又は氏名・住所・生年月日・性別が記載され、写真が貼られたタイプ(様式第2)のいずれかを選んでいただきます。

・必要なもの
@住民基本台帳カード交付申請書(市区町村の窓口に備えています。)
A 写真(写真付き住民基本台帳カードを希望される方に限ります。窓口で撮影を行う市区町村もあります。)
上半身、無帽、正面、無背景で6ヶ月以内に撮影した縦45mm×横35mmの大きさのもの。市区町村によっては、大きさが異なる場合があります。
B 運転免許証・パスポートなどの官公署が発行した写真付きの証明書(ご持参いただけない場合は、郵便による本人照会を行い、照会書及び市町村長が適当と認める書類を再度窓口にお持ちいただきます。)
C市区町村が条例で定める手数料(市区町村によっては、印鑑)
詳しくは、お住まいの市区町村にお問い合わせください。

発行していない市区町村
住基ネットに加入していない団体は、全国で三団体です。
@杉並区※1
A国立市
B福島県山釣町
以上の住所を持っている人は住基カードを発行してもらえません。
※1杉並区では住民基本台帳カードのかわりに区民票(写真付+住所明記)を発行しています。こちらの区民票もアクトメディアでの身分証として有効になります。

>>TOPページへ

Copyrightヨ2005
ACTMEDIA
w問合せ